肩の痛み・肩こり


【豊四季北口整骨院】の効果大の肩こり治療とは?

こんなお悩みありませんか?

肩こり治療

  • ひどい肩こりで頭痛を伴う
  • 慢性的な痛みなのであきらめている
  • 肩が痛くてあがれない
  • 眼精疲労がひどい

肩こりの原因

肩こりはなぜなるの?

肩の筋肉をマッサージしても治らない理由は、マッサージでは表面的な部分にしかアプローチができていないからです。
それだけではなく、痛みやコリのある部分を強くマッサージすると、毛細血管が切れ、出血することで、更に筋肉が硬くなってしまうという悪循環に陥る可能性もあります。
つまり、本当の根本原因にアプローチする必要があります。
その根本原因とは、実は骨盤にあるのです!!
肩こりの改善には、根本原因である骨盤にアプローチしていく必要があります!

何で肩こりの原因が骨盤なの??

姿勢が崩れるなどすると、骨盤は歪んでしまいます。
骨盤が歪むと腹筋が緊張し、肋骨(ろっこつ)を引き下げます。すると、胸の筋肉も緊張し、肩が内側に曲がり、その結果、肩こりが起きてしまいます。
現代の日本では、デスクワークや長時間の立ち仕事、家事などで同じ姿勢を続けたり、猫背でいる状態が多いため、肩こりになりやすい環境になっています。
また、肩や首の筋肉の緊張が続くと、頭の筋肉の緊張を招き、頭の痛みにも繋がってしまいます。
肩こりに悩んでいる方、「肩が軽くなった!」「痛みを抑える薬がいらなくなった!」と好評の、豊四季北口整骨院の施術を体験してください。

頭部、顔面の症状

首の後ろ~頭部~側頭部の痛みが起こり、目の奥が痛くなったり、眼精疲労を生じやすくなります。
コリや痛みが強くなると、吐き気をもよおしたり、気分が悪くなったりします。

首、肩の症状

頚椎後方にある脊椎関節の動きが低下したり変形が生じたりすると、首の後ろから背中、時には胸の前方に痛みやこり、だるさ、違和感が生じます。

腕、手の症状

肩から手、指先までの痛み、しびれなど、正座をした時のようなビリビリ痺れる感じが起こることもあります。

肩・首痛が改善しない・悪化する理由

肩・首痛は、肩だけ揉んでも良くなりません。
なぜなら、マッサージは一時的に楽にはなりますが、肩周りの筋肉が緊張する原因を解決することができないからです。また、肩・首痛を放っておくと筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。
その状態が続くと、神経や血管が圧迫され、頭痛を引き起こすようにもなります。

  • ∙ 頭痛がある
  • ∙ 長時間のパソコン、デスクワーク・・・
  • ∙ 車の運転がつらい・・・
  • ∙ メガネが重く感じる・・・
  • ∙ 腕があげにくい・・・

肩こりの治療法

筋肉のバランスを整える

肩こり・五十肩・頭痛・眼精疲労などでお困りの方には まずは矯正を行い、肩の可動域検査骨盤と背骨を整えることからはじまります。
矯正がどうしても嫌だ。怖い。という人にはしませんが、 たいへん効果の高いものです。
矯正後に、手技で柔整マッサージを行います。場合によっては鍼をおこなうこともあります。
痛みがきつくて、さわられるのも痛い・・・という方には鍼がおすすめです。筋肉の深部に届きます。
使い捨ての針をつかい、熟練の国家資格をもった鍼灸師が施術をおこないますので ご安心ください。
寝違いや首の痛みなどにも矯正をおこないます。

肩こりには、なぜこの治療法が良いのか?

食生活の変化に合わせる

日本人は一般的に諸外国に比べ運動量が少ないと言われています。それは日本に古来からある日本食のおかげです。日本食は動物性蛋白や脂肪の摂取量が欧米食に比べると断然少なく、食物繊維の摂取量が多いので、運動をしなくても健康を維持することが容易に行えてきました。なので日本人には運動するという「習慣」が身についていないというか、必要がなかったのです。その弊害の代表例がこの肩凝りです。

万全のアフターケア

なのでまずは皆さん運動を始めましょう。スポーツができれば最もよいのですが、習慣として身についていないことを継続することはなかなか難しいことです。まずは、当院でもご指導させていただいている肩凝り体操を柔整マッサージや鍼治療と合わせて行ってみましょう。体の左右差(右肩が上がっているなど)、前後差(猫背など)のある方は姿勢矯正も有効です。運動は皆さんにしていただくしか方法はありませんので、私たちはより運動しやすくするための関節可動域の改善や、姿勢の改善を行わせていただきます。

肩こりの治療の流れ

  1. 温熱療法、柔整マッサージで硬くなった筋肉をほぐします。
  2. 柔整マッサージでは届かない深部にある筋肉に硬さが残る場合はストレッチ、鍼治療を行います。
  3. 上半身に左右差、前後差が見られる場合は矯正治療を行いバランスを整えます。
  4. 自宅や職場で簡単にできる肩凝り体操をご指導いたします。
  5. 症状の変化(筋肉の硬さや姿勢)が見られるまではコンスタントに治療を続けます。

肩こりの治療間隔

最初は少なくとも週3回以上

多くの患者様は施術後に「楽になった」と喜ばれますが、再び筋肉が硬くなり苦しくなるまで次の治療をせず我慢してしまいます。「元に戻った」と来院され治療を受けられるのですが、これでは前回の治療のやり直しをしたに過ぎません。同じところを行ったり来たりで「治らない」といって治療をやめてしまう方がほとんどです。肩の筋肉の頭を支えるという仕事に休みがない以上疲れが出ないということはあり得ません。今までの貯金も多くあるわけですから、最初は少なくとも週3回以上は行うことが理想です。

アクセスページへ >

▲ページの先頭へ戻る

花粉症治療行ってます。

こんな症状でお悩みの方へ

当院のこだわり

当院について

豊四季北口整骨院ブログ

スタッフ募集

クレジットカードがご利用いただけます。

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

豊四季北口整骨院には、千葉県柏市の豊四季・野々下・篠籠田・豊上町・長崎・かやの町・西町・新富町などの地域からも来院頂いています。

お気軽にお問い合わせください
  • 東武アーバンパークライン(東武野田線)豊四季駅から徒歩30秒、04-7192-8755
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る